選び方はどうするのか

顧問弁護士を探そうとしても、探し方や選び方がわからないという場合もあるでしょう。弁護士なら誰でも良いという訳ではなく、信頼できる顧問弁護士を見つけて契約をしないと、トラブルが起きた時に力になって貰えなかったり、期待していた働きをして貰えないといった事も多くあります。では、顧問弁護士を選ぶ際にはどのようなポイントに注目すれば良いのでしょうか。

まず注目したいポイントとしては、親身になって話を聞いてもらえるかどうかというものがあります。顧問弁護士は、トラブルが起きないように相談をしたり、いざという時にその対応を任せる事になりますから、信頼関係が非常に重要となります。ですから相談を丁寧に聞いてくれる、親身になって聞いてくれるという弁護士を見つけるのが一番重要なのです。そしてアドバイスなどを受ける際に説明がわかりやすい弁護士を選ぶ事も重要で、特に企業法務相談をメインに契約したいという場合は説明のわかりやすい弁護士を選ぶと良いでしょう。

そして弁護士を選ぶ時に重要となるのが、得意分野や企業規模が合致しているかどうかという点です。もちろん弁護士は法律問題はすべて扱う事ができますが、得意とする分野は弁護士によって違います。ですから企業側がどういった業務を担当してほしいのかに合わせて、その分野を得意としている弁護士を選ぶようにすると、スムーズに業務を行ってもらう事が可能です。