費用はどのくらいか

Pocket

顧問弁護士と契約をする際にはいくつか知っておかなくてはいけない知識があります。特に費用がどのくらいかかるのかは、顧問弁護士と契約をするためには一番必要な知識と言えるでしょう。顧問弁護士と契約をする場合、契約をする時だけではなく契約をした後にもさまざまな費用がかかりますから、どのような費用がかかるのかをきちんと知っておきましょう。

顧問弁護士と契約をした際にまず考えるべき費用は、月々に発生する顧問料です。顧問料は法律相談料や事件処理に伴う時間制報酬などが含まれており、月々の顧問料相当の企業法務相談ならば追加報酬無しで受けて貰えるという事になります。例えば月々10万円の顧問料を支払っている場合、10万円相当までの法律相談や事件処理の依頼は追加報酬を心配せずに行えます。もちろん、この月々の顧問料を超える金額となる事件処理などが発生した場合は、別途で費用が発生してしまう事は覚えておく必要があります。

そしてこの顧問料の相場ですが、基本的には月額5万円程度が普通となっています。もちろん相場ですので10万円以上の顧問料を支払う場合もありますし、もっと安い場合もあります。これは弁護士ごとに変わってきますので、契約をする際にはまず顧問料がどのくらいになるのかを確認しておくと良いでしょう。