顧問弁護士の仕事とは

Pocket

顧問弁護士の仕事を知っておくと、自分の企業ですぐに契約をすべきなのか、もう少し待ってからでも大丈夫なのかを考える判断材料となってくれます。顧問弁護士は企業法務相談だけではなく、その他にも契約書の作成や債券回収など企業に関わるさまざまな場面で仕事をしてくれます。こういった企業法務相談以外の顧問弁護士が行う業務を知っておくのは、顧問弁護士と契約をする上で助けとなってくれるでしょう。

顧問弁護士の業務は企業法務相談はもちろんですが、その他には問題が起きた時に迅速に対応する事、企業の実情を踏まえた法的アドバイス、トラブルなどで交渉が必要な場面での代理人なども業務に含まれています。これらの業務は顧問弁護士に任せずに行うと法的費用が余計にかかってしまう業務なので、顧問弁護士と契約する事で法的費用を減らせるというメリットがあります。

また、顧問弁護士を雇うメリットとしてトラブルが起きる前に企業法務相談ができるので、トラブルを未然に防ぐ事も可能であるという点も忘れはいけません。トラブルが起きてしまうと、たとえ解決できたとしても会社の評判が悪くなってしまったり、賠償などが発生してしまって大きな損害を受けてしまう場合があります。顧問弁護士に相談をしてトラブルを未然に防ぐという事は、そういった大きな損害を出さないという大きなメリットにも繋がりますので、企業法務相談こそが最大のメリットとも言えるでしょう。